難波風俗の高級デリヘル体験

今回ご紹介するのは、難波にある高級デリヘルのプレイ内容についてです。お店紹介ではなく、なぜテクニックに視点を置いたかというと、それだけ特筆すべき内容が詰まっていたからです。東京とはまた違った、関西美女の極上プレイを皆さんにもご紹介いたします。難波の風俗で遊びたい方は、ここに書いてあることをチェックしてくださいね。

利用したお店は、難波駅近くのシティホテルです。道頓堀からも近く、当日は大阪グルメを堪能してからのチェックインとなりました。高級デリヘル店に支払ったお値段は60,000円となり、大阪で利用した風俗店の中でも最高値です。本当は北新地のお店で満足したため、あとはグルメツアーで済ませようと考えていたのですが、ナンパ橋を歩く女性の姿を見ているうちにムラムラ度が高まり、思わず電話予約をしてしまいました。

ホテルでお会いしたのは、20代後半のスタイル抜群な女性です。アラサーならではのテクニックを味わいたいとスタッフの方に注文をしていたので、見た目はあまり期待していなかったのですが、これは思わぬ誤算です。否が応にも、この女性に対する期待度も高まります。若さよりも満足度を目当てに利用をしてみましたが、まさにドンピシャな女の子が来て大満足です。

気になるプレイ内容は、まさに濃厚高級デリヘルそのもの。普段利用しているデリヘルはなんだったのかと思ったほどでした。特筆すべきは、見つめあいながらの濃厚なキスタイム。まるで長年付き合っている恋人気分にもなれました。それもこれも、女の子のおもてなしの心が全てですね。思わず来年も来たくなってしまった瞬間でもありました。

女の子からの攻めは、フェラの時間がとにかく濃厚で感動的でした。その中でも、喉元を使ったオリジナルテクは、他の女の子にはない極上なもの。その後素股に移行した後も、苦手といいながら器用な腰使いに脱帽。プレイ時間を1分も無駄にすることなく、テクニックに酔いしれました。

プレイ後も同じ高級デリヘル店で働く女の子について聞きながら、まったりとしたピロートークを満喫。痴女っ気ある彼女は、話をしている間も私のムスコの様子が気になるらしく、常にニギニギしてくれました。当然2回戦も濃厚な物になったのは言うまでもありません。

結果として今回も満足度の高い記録が残せました。キタと合わせミナミにも極上嬢が多くいることが肌で感じられて嬉しかったです。毎回通ってしまってはお金が持たなくなってしまいますが、これくらいの距離間があるからこそ、程ほどのペースで楽しめるのかもしれません。そういったことも考えて難波風俗を利用すると良いでしょう。

関連記事

京都風俗に高貴なイメージがある理由

奈良風俗と下着フェチ

梅田風俗の高級店利用時の緊張

日本橋風俗とデート

梅田風俗と女性もののバッグ

谷九ぽっちゃり風俗で遊ぶ男