京都風俗に高貴なイメージがある理由

現在は日本各地に無数の風俗店が存在していますが、中にはその地域のイメージと重ね合わせて風俗店や風俗嬢が見られる場合もあります。その中のひとつが「古都」という名称でも有名な京都です。関西地域に位置している京都は大阪のようにユニークで騒がしいイメージとは違い、出身者は落ち着きがあって知的・街は彩があってキレイといったイメージがあります。それは京都の風俗店や風俗嬢のイメージにも関係するものであり、良く知らない人にとっては「キレイな風俗店が多い」「上品な色気のある風俗嬢が多い」と考えられているようです。ただ当然そういう訳ではなく人や店によってはその通りという人もいますが、全くそういう訳ではないということも少なくありません。ではなぜ京都の風俗に高貴なイメージが付いてしまったのでしょうか。

・落ち着いた知的なイメージ

まず京都という街が醸し出しているイメージとして強いのは、落ち着いており知的な人が多いということ。またそれは京都がある関西地方の中には活発な地域が多いことも、それをさらに印象付けていると言えます。そのため東京などで京都出身の風俗嬢と会ったとき、「京都」と聞いただけでこの人は落ち着いていて頭の良い人なのだと考えてしまうのです。そのため勝手に良い女の子であると思い込み、しかもその女性が良い風俗嬢であった場合はさらにその思いが強くなり京都の風俗店にはそういった人ばかりという印象を持ってしまいます。このように京都の風俗嬢に落ち着きのある知的なイメージを持つのは、近隣地域や実際に会った人の印象が大きいからだと言えるかもしれません。

・舞妓さんが多い

そして京都の風俗嬢に高貴なイメージがあるのは、その地域に舞妓さんという職業の人が多いから。彼女たちは昔の芸者のように白塗りで煌びやかな格好をし、お座敷の席などで三味線などを弾いて踊りを踊ります。その様子は非常に優雅であり高級感を感じさせるもの。現在はこの職業だけで食べて行ける訳ではないので、舞妓さんでも風俗店で働いている女性もいますが彼女たちの印象が強いことも京都の風俗のイメージに関係してくるのです。

・祇園などがある

京都という地域の印象として強いのは「祇園」という花街です。ここには舞妓も多くまた高級料亭などもありVIPやセレブが訪れています。東京で言えば銀座や六本木というと近いでしょう。そんな祇園があるため京都の風俗嬢における高貴なイメージを作っていると言えるでしょう。

それだけに旅行や出張などで訪れたときは、京都の風俗嬢と遊んでみても良いでしょう。

関連記事

梅田風俗の高級店利用時の緊張

難波風俗と女の子との会話

奈良風俗と下着フェチ

難波風俗の高級デリヘル体験

魅力ある大阪の風俗

梅田風俗で遊べる女の子について