難波風俗と女の子との会話

風俗を有効活用するひとつの方法はセックスをすることを考えた際、彼女や奥さんと幸せなエッチをするための予行演習と考えてみても良いだろう。または今そのような人がいない人は将来そのような人ができたときのことを考えて取り組んで欲しい。

世の男性の多くはセックスの教科書はエロ本やAVということになる。しかしそこで見たテクニックを自分で実践するのはなかなか大変だ。AVで相手の女優とセックスをする際に、相手を満足させるような大きくて硬くて逞しいアソコをみんなが持っている訳ではない。またAV女優を絶頂させる潮吹きなど前戯のテクニックは誰もが持っている訳でなく、エロアニメの主人公のように何度も連続してセックスを行うことができる訳ではない。そのようなことをよく分からないまま女性とセックスをしてしまうと失敗する可能性が高いのだ。なぜ潮を吹かないと考えて女性のアソコをガンガン攻めても相手がきついだけであり、自分のアソコをAV男優と同等だと考えた攻めを行ったとしても相手が感じることもない。そもそも女性全てがAV女優のような高い感度を持っているものではないのだ。そのためいくら攻めても全く感じることなく、ただただ不快な思いをするだけという人も決して少なくはないだろう。男女関係の中でセックスの愛称はかなり重要だ。そのため普段はとても仲が良かったとしても、相性が悪くお互いセックスが苦痛でしかなければそれが原因で別れてしまうようなこともある。せっかく仲良くなった女性なのに、その相手と十分に愛し合うことができない関係というのは勿体無い。

そのようなズレを起こさないための方法のひとつは、風俗で女性とエッチなことやセックスを経験することが必要だと思う。風俗嬢と実際にエッチをすることによって、AVやエロ漫画などのプレイはどこまで相手に快感を与えることができるのかが分かるだろう。つまり風俗嬢が嫌がるプレイは他の女性も嫌がる可能性があり、嬢が喜ぶプレイは他の女性に対しても通用する可能性もあるだろう。またこちらからだけでなく女の子に攻めてもらうことによって、相手が良い気持ちになりエッチを楽しむことができるということがある。そのような女心を学ぶことができるのも風俗の良いところだと思う。

しかしながら気をつけなければならないことは、その風俗嬢が一般的な感性を持っているという訳ではないということ。相手とのエッチを楽しむには何度か風俗に行き何人かの女の子と遊ぶか、彼女とのエッチをするうえでのコミュニケーションをもっと密にするのが良いかもしれない。女の子と対話をするようにエッチなことを楽しめるお店が多いことも、様々なタイプの風俗店が点在する難波風俗ならではといえる。

関連記事

日本橋風俗とデート

難波風俗で遊ぶときの気遣い

京都風俗をユーザーの楽しみ方

奈良風俗と下着フェチ

魅力ある大阪の風俗

京都風俗に高貴なイメージがある理由